スタジオモニター、JBL 4305P

4305P

JBLブランドのコンシューマー向けスタジオモニターシリーズ初となるアクティブスピーカー「4305P」が発表されました!

JBLのスタジオモニターシリーズ

JBLのスタジオモニターシリーズの中でも最もコンパクトなモデルとなり、同ブランドのテクノロジーを駆使し「大型のフロアスタンディングスピーカーを聴いているかのような迫力あるサウンドを実現した」とのことで、ユニットには1インチの「2410H-2」とHigh Definition Imaging(HDI)ホーン、5.25インチのコーンウーファーを搭載し、クラスDアンプを内蔵、各ドライバーに25W、各ウーファーに125Wを供給するようになっています。

ナチュラルウォルナット/ブルーグリル、ブラックウォルナット/ブラックグリルの2デザイン

ナチュラルウォルナット/ブルーグリル、ブラックウォルナット/ブラックグリルの2デザインが用意され、どちらを選ぶか悩んでしまいますね。

今の時代に合わせて多様なデジタル再生をサポートしており、最大192kHz/24bit対応のDACを内蔵し、イーサネット、Bluetooth、Chromecast Built-in、AirPlay 2といったワイヤレス再生や、MQAのデコードやRoon Readyに対応しています。

そのほか入力には、非同期USBと光デジタル入力、3.5mmアナログ入力を装備しているので、新旧オーディオ規格をフォローしており、XLR/1/4インチTRSフォノコネクターと入力感度切替スイッチを備えたアナログ入力も搭載されています。

フロント部にコントロールパネル、リア部に各デジタル/アナログ入力を備えており、プライマリスピーカーとセカンダリスピーカーという構成で、互いをデジタルリンクケーブルで接続することで最大192kHz/24bitの再生に対応、左右スピーカーをワイヤレスで接続する場合は、最大解像度は96kHzとなるようです。

さらに、プライマリとセカンダリは、配置に合わせL/Rチャンネルが選択可能となっていて、操作についてはプライマリのコントロールパネル部のほか、付属のBluetoothリモコンからも行うことができ、Google HomeまたはApple Airplayエコシステムの一部としてコントロールすることも可能となっているようですね。

価格は2,200ドル(日本円にして約25万4,933円)になりそうで、コンシューマー機といえども、いまではプロレベルでの制作が手軽に自宅で行える時代ですから、気合が入っていますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)