M1になったiPad Air

iPad Air

10.9型タブレット「iPad Air」がついに3月11日の22時より予約受付を開始され、18日に発売されます!

今回のiPad Airは、SoCにM1を搭載し、従来モデルから大幅に性能が向上され、CPU処理性能は最大50%、グラフィックス性能は最大2倍高速化したのだそうですよ!!

ストレージは64GBまたは256GB、通信方式によってWi-Fi、Wi-Fi+Cellularからそれぞれ選択可能となっており、64GB/Wi-Fiモデルが7万4,800円、256GB/Wi-Fiモデルが9万2,800円、64GB/Wi-Fi+Cellularモデルが9万2,800円、256GB/Wi-Fi+Cellularモデルが11万800円となっています。

10.9インチのLiquid Retinaディスプレイは、解像度が2360×1640ピクセル、輝度は500ニト、P3色域、TrueTone対応しており、第4世代のセルラーモデルは4G通信までしか利用できなかったのですが、今回の第5世代では5G通信に対応し、さらにはUSB-Cの転送速度も向上、5Gbpsから10Gbpsに倍増されtれいます。

前面カメラもアップデートされ、1200万画素で視野角122度の超広角カメラになり、被写体を追尾するセンターフレームに対応、「映画レベルのビデオ手ブレ補正」や、拡張ダイナミックレンジ、手ブレ補正を使ったタイムラプス動画など、背面カメラ並みに機能が追加されています。

カラーはスペースグレイ、ピンク、パープル、ブルー、スターライトの5色展開となり、色を選ぶだけでも大変。

いわゆるマイナーアップデートとはなるのですが、ほぼ完成されている製品ですし、過度な期待は禁物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)