実践入門 はじめてのReact開発

実践入門 はじめてのReact開発

インプレスから「実践入門 はじめてのReact開発」(著者:佐々木 勝春)が発行されます。

本書は主にサーバーサイドを専門に開発してきた著者が、仕事でゼロからフロントエンドを開発する中で、現場で実際にReactを使って学んだ情報やTipsをまとめたもの。

実際にはじめてReactを使って開発していく際、ページのUI(コンポーネント)をどのように組み立てていけばよいのか、create-react-appに頼っていたフロントエンドのビルドの裏側など、実務を通して学んだReactの「チュートリアル以外のTips」を掲載しています。

本書を足がかりに、チュートリアルなどを通じて具体的な開発に必要なAPIの情報を随時調べていくことで、初学者でもReactを使った開発を具体的にイメージしやすくなります。(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)

数多くあるJavaScriptのフレームワーク・ライブラリ群の中でも、Webサービスにおいて世界的に圧倒的な導入率を誇るのがReactで、コーディングコストが少なく、開発規模が大きくなっても管理しやすいなど、これまでのフレームワーク・ライブラリとはまったく異なる特徴が注目されています。

そもそもReactとは、Facebookが開発したWebサイト上のUIパーツを構築するためのJavaScriptライブラリで、React.jsやReact.JSと呼ばれることもあり、よくAngularJSやjQueryと比較されるのですが、React自体はフレームワークでなく、あくまでもUIを構築するだけのライブラリ。


最新の知見を発信する「技術の泉シリーズ」は、「技術書典」や「技術書同人誌博覧会」をはじめとした各種即売会や、勉強会・LT会などで頒布された技術同人誌を底本とした商業書籍を刊行し、技術同人誌の普及と発展に貢献することを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)